IPアドレスとは

バレリーナへの道程
ネットに潜む危険

IPアドレスとは

ネット上の住所−それがIPアドレス

皆さんがインターネットでウェブサイトを見るときには裏ではどうしているのでしょうか?例えばこのページを見たいときはそこにつながるリンクをクリックするかこのページのURLを直接入力します。そうするとこのページのデータが入っているコンピュータからデータが送られてきます。でもちょっと待ってください。現実世界の郵便でも住所が書いていなかったり、あるいは誤っていたりすると「配達できませんでした」という印鑑が捺され、返ってきたしまいます。コンピュータ上でも同じことで、自分の位置の情報(ネット上の住所)をデータを持っているコンピュータに送って、ちゃんとデータが自分のところに届くようにしています。そしてそのインターネット上の住所のことをIPアドレスといいます。

IPアドレスの割り当て方

あらかじめお断りしておきますが、ここでは自宅などでプロバイダーに接続する場合を想定します。インターネットの接続に利用されるプロバイダーはIPアドレスをストックしています。そして接続要求(ダイヤルアップでいえば、インターネットにアクセスしようと電話をかけるなどの行為をする)があると、自社が持っているIPアドレスを割り当てます。IPアドレスはネット上の住所であるため、重複はありえません(全く違う地域の人が同じIPアドレスを使っているということはありえません。なおADSLや家庭内LANなどの場合はIPアドレスを割り当てられるのはコンピュータ自身ではなく「ブロードバンドルーター」などになることが多く、そこから各コンピュータなどには「プライベートアドレス」と呼ばれるアドレス(内線の様なものです)によって各コンピュータが接続されています。なお、接続を切断した場合はそのIPアドレスの使用が終わり、そのアドレスは接続要求を出してきた他者に割り当てられますが、常時接続環境でずっと繋ぎっ放しの場合はIPアドレスは変わりません。そうすると「クラッカー」達には好都合です。ですので常時接続ができる環境でも必要がない場合は回線を切断することをお勧めいたします。

誰がIPアドレスを集め、利用するのか?

インターネットを利用している方の中にはある理由でIPアドレスを集めいている者がいます。不正侵入など犯罪行為に利用されてしまう場合もありますが、インターネット上であることをしている人は必ずIPアドレスを集めています。以下でその一つの例を見てみましょう。

事例:掲示板管理者の場合

ウェブサイトを運営し、その中で掲示板を運営している場合、管理者はまず間違いなく書き込みをした方の(あるいは書き込みをした方を含めた訪問者全員)IPアドレスを取得しています。掲示板が正常に運営されている場合はIPアドレスを取得しなくても全く問題ないのですが、全く関係のない宣伝を書き込んだり、暴言などを書き込んで掲示板の秩序を乱してしまう、「掲示板荒らし」と呼ばれる行為を受けることがあります。そうした場合は該当記事を削除するなどの処置を取ることになりますが、あまりにもしつこい場合、書き込みや閲覧をできなくして何とか秩序を保つしかありません。そうした場合に利用できるのはIPアドレスだけです。ログから該当する書き込みをした者のIPアドレスを見つけ、そこからの書き込みや閲覧を制限するのです。確かに同じプロバイダー利用者の一部または全部が巻き添えを食うこともあります。特に、ちなみにプロバイダーによってIPアドレスの割り当て方は異なり、地域別に分けている会社もあれば、全国一律のところもあります。前者の場合(代表例:OCN)は仮にアクセス規制をかけてもたまたま同じ地域(概ね市や区単位のようです)の人だけが巻き添えを食う形で済みますが、後者の場合(代表例:Yahoo!BB)の場合は同じプロバイダーを使っている人全てが巻き添えを食ってしまいますが、現在のところ他に有効な対策といえば、

  • 掲示板を会員制にする
  • 投稿モード(管理人のチェックを受けないと公開されないモード)で運用

くらいしかないので、仕方がありません。また、掲示板のほかにチャットの管理者もIPアドレスを取得していると思って間違いありません。

IPアドレスを取得されてプライバシーが侵害されないのか?

実はIPアドレスを取得されたからといっても、そこから取得できる情報は限りがあります。具体的にいうと接続者がどこから接続しているのか?(接続元のプロバイダー・企業からの接続であればその企業名・及びプロキシを使っている)という情報しか取得することが出来ません。では当時そのIPアドレスを割り当てられていた者は誰なのか?プロバイダーに問い合わせ、プロバイダーの顧客情報と付き合わせれば分かります。しかし、当然ながらそこには守秘義務が存在しますので、IPアドレスから具体的な個人情報が割れてしまうということはありません。ただしこれには例外があり、「犯罪が絡んで裁判所から令状が発行されている場合」はIPアドレスと各種情報を突き合わせ、個人情報が割れることがあります。ですので犯罪を行おうと考えている場合を除けばIPアドレスを取得されても全く問題になりません。