常時接続に伴う危険

バレリーナへの道程
ネットに潜む危険

ネットに潜む危険:常時接続に伴う危険

IPアドレスが変わらないということ

ISDNやADSLがまだ普及していなかった頃、パソコン通信やインターネットに接続するには従量制で電話料金がかかっていました。そのため、新着メールの確認などの用件が済めばその都度ネットワークとの接続を切っていました。しかしながら、どんなに長い時間接続していても決まった料金しか取られないADSLなどが普及すると、人によっては常に接続したままにしている人も出てくるようになりました。また、固定IPアドレスサービスなどによってご自分のコンピューターをWebサーバーとして自分の運営しているウェブサイトを公開するために、常にインターネットに公開している人も出てきました。
インターネットに接続しているコンピューターは全てインターネット上の住所であるIPアドレスを割り与えられています。従来であれば接続するたびにアドレスが割り与えられ、再接続したときには前とは異なるアドレスが割り与えられていました。しかしながら、前述のような理由により常時インターネットに接続していると当然アドレスは変わらないままです。そのために、様々な問題が発生するようになりました。

IPアドレスが変わらないことによる不都合

様々なコンピューター犯罪を引き起こすクラッカーにとって、ころころとアドレスが変わってしまう相手よりも、常に同じアドレスを使い続ける常時接続のコンピューターの方がいろいろと都合が良いのは当然のことです。折角セキュリティーの甘いコンピューターを見つけても、そのコンピューターのアドレスが変わってしまってはまたそのコンピューターを探し出さなければいけなくなるからです。また、アドレスがコンピューターではなくルーターであり、そこでプライベートIPアドレスとの変換を行っていたとしても、少なくともルーターのアドレスは変わらないため、そのルーターを攻略してしまえばいいことになります。一度攻略してしまえば後はスパイウェアを仕込むなりDos攻撃への踏み台にしたりと、好き勝手なことができます。

対処法:使わないときはこまめに電源を切る・回線を切断する

ウェブサイトを運営するためにどうしても自宅サーバーや企業自身でサーバーの運営をしなければならない場合を除き、不必要なときは必ず回線を切断し、常に同じアドレスを使うということが内容にしましょう。もし、前述の理由でどうしても同じアドレスを使わざるを得ない場合は十分なセキュリティー対策が必要です(これについては私は知識がないので、専門の機関に相談することをお勧めいたします)。さらに、いきなりコンピューターがクラッキングされることの無いよう、ルーター経由でインターネットに接続する、さらに万一に備えてノートン・インターネットセキュリティーなどのセキュリティーソフトを導入することはインターネットを利用する上で最低限の事前準備だと思います。