ウィルスについて

バレリーナへの道程
ネットに潜む危険

ウィルスによる危険

ウィルスに感染すると

その昔は、クリスマスに「メリークリスマス」などというメッセージを表示するなど他愛のないものもありましたが、現在ではコンピュータ内のデータを書き換えてしまったり、コンピュータ内の情報を外部に漏洩させる、あるいは感染したコンピュータを踏み台にして特定のサイトに分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)を仕掛ける、などの深刻な被害が出るようになっています。

ウィルスの感染経路

メールの添付ファイル実行による感染

メールの添付ファイルによる感染は古くからある代表的な感染経路です。添付ファイルの拡張子が実行ファイル(exe)、バッチファイル(bat)、ワードやエクセルのファイル(doc,xls)の時は特に危険です(というよりウィルスと思って間違いないでしょう。ワードやエクセルというのはマクロという簡易プログラミング言語でウィルスを仕込んでいるためです)。ですから仕事関係でワードやエクセルのファイルを送ってもらう・送るときは事前にそのことを相手に伝えておく必要があります。

セキュリティー・ホールを原因とする感染

OSやソフトウェアは発売前に十分なテストを行っていますが、思いもよらぬ方法により安全上の弱点(セキュリティー・ホール)が見つかってしまうことがあります。これにより、

  • 既に感染しているウェブサイトをブラウザで見て感染
  • メールをプレビューして感染
  • ウィルスを仕込んであるHTMLメールを見て感染

などという事が起こります。よく、メールソフトの設定を「必ずテキスト形式で読み取る」にしたり、絶対にHTMLメールは受け取らないという方がいますが、それはここに原因があるのです。最近ではさらに「MSブラスト」や「サッサー」などのようにセキュリティーホールがあるとこちらが特にアクションを取らなくても

  • ネットに接続しているだけで感染する

というものまで現れてしまいました。

ウィルスに感染しないために

最近はプロバイダーでウィルスチェックサービスが行われるようになってきています。主にメール経由によるウィルス対策ですが、プロバイダによっては自分が見ようとしているサイトが感染していないかもチェックしてくれます。だからといってそれだけでは十分ではありません。ネットに接続しているだけでも感染してしまうウィルスなどがある以上、

  • ウィルスソフトを導入し常に最新のウィルスデータを取り込む
  • Windows Update(Windowsの場合)、Office Updateで常にセキュリティー・ホールを塞ぐ
  • ルーターを導入し、コンピュータまでたどり着けないようにする

などが必要です。ウィルスソフトを入れているからといっても、ウィルスデータを更新していなければ全く意味がありません。また、万一感染したときに備え、

  • 自分の作成したデータ
  • ブラウザのお気に入り
  • 受信メール

などは定期的にバックアップをとるようにしましょう。