主なバレエの演目

バレリーナへの道程

主なバレエの演目

今後あらすじを追加していく予定です

白鳥の湖

第一幕
とある王国の王子ジークフリードが成人を迎え、翌日の舞踏会で妃を選ばなければなりません。宴の中物思いにふける王子は夕暮れの空の中白鳥の群れが飛んでいくのを見て、気晴らしに白鳥を追って湖の方へと向かいます。

第二幕
湖のほとりで王子は王妃から送られた石弓を構え、身を潜めていると、小さな王冠をつけた白鳥が岸に上がりました。しかも、その白鳥が美しい人間の娘に変わったのを見て、王子は走り出た。その娘は自分はオデットといい、悪魔ロットバルトに侍女たちと一緒に白鳥にされ、人間の姿に戻れるのは夜だけで、魔法を解くためには、誰にも愛を誓ったことのない青年が、自分に愛をささげてくれなければならないということを話します。それを聞き王子は喜んで自分が、と申し出ますが、見張っていたロットバルトが二人を引き離そうとします。しかし王子の決心は変わらず、朝になりオデットは白鳥に戻り飛び去っていきますが、王子は彼女を救うことを決意します。

第三幕
その日の夜、城では舞踏会が開かれ、王子の花嫁候補となる姫君も着飾ってワルツを踊りますが、王子の心はオデットのことだけ、そこにフォン・ロットバルトという貴族が娘のオディールを連れて現れます。オディールの顔を見るなり王子は立ちすくみました。彼女はオデットとは違い、 全身からゆらめき出る魔性の輝きを持っています。しかし、見た目はオデットにそっくりです。王子はオディールと踊るうちにその魅力に負け、この人はオデットに違いないと確信し、ついにオディールに永遠の愛を誓ってしまいました。

第四幕
白鳥の湖の結末は複数あり、第三幕までのようにストーリーとして書くことはできません。概ね以下の2つの結末を迎えます。

  • 王子が悪魔ロットバルトを打ち倒しこの世で結ばれる
  • オデットと王子が身を投げ、来世で結ばれる

そのほかにもいろいろあるようです。

くるみ割り人形

第一幕
クリスマスイブの晩、クリスマスを祝うパーティーが開かれており、ドロッセルマイヤーは子供達に人形をプレゼントとして渡します。クララが受け取ったのはくるみ割り人形でした。やがて夜が更けてパーティーも終わりましたが、真夜中にクララが起きてみると、クリスマスツリーが大木になっていて、くるみ割り人形率いるおもちゃの兵隊達と、ねずみたちとの戦闘が始まっていました。旗色は悪かったものの、クララが投げたスリッパがねずみの王に当たり、ねずみたちは退却しました。
するとくるみ割り人形は王子に変わっていて、クララをお菓子の国に連れて行ってくれました。

第二幕
お菓子の国に着くと、こんぺい糖の精が迎え、住人達が、クララを歓迎します。夢のようなひと時が流れ、気がつくと早朝、実は全てが夢だったことを知り。クララはくるみ割り人形を抱きしめました。

ジゼル

第一幕
とある谷あいの村で暮らしている娘ジゼルは、時々彼女の家を訪れるロイスという青年に恋をしていました。本当はロイスという青年はアルブレヒトという貴族ですが、ジゼルはそんなことは夢にも知らず、アルブレヒトの方もジゼルが忘れられず、服装を村の若者の質素なものに変えたびたび彼女の元を訪れていた。 村の森番のヒラリオンもジゼルに思いを寄せていました。しかし、ジゼルが想うのはアルブレヒトだけ。そこでヒラリオンはいつかロイスの正体をはっきりさせてやろうと考えました。
ぶどうの収穫祭が行われ、みんなが楽しんでいると、ヒラリオンがジゼルとアルブレヒトの間に駆け寄り、貴族の身分を証明する剣を出し、ジゼルにロイスの正体を暴露します。さらに、アルブレヒトにはバチルドという婚約者もいるということを知ったジゼルはいろいろな思い出の中をさまよいながら、息絶えてしまいます。

第二幕
森の奥にある沼のほとりでは夜になるとウィリという結婚する前に死んだ娘の霊が現れ、迷い込んだ男たちを死ぬまで踊らせます。ウィリの女王であるミルタは新入りのジゼルを仲間に加えようとしています。そまずヒラリオンが現れ、ウィリたちに踊り殺されてしまいました。 次に現れたアルブレヒトもミルタの前へ連れ出され、死ぬまで踊ることを命じられますが、まだ人間の心が残っているジゼルは彼を救おうと励ましながら二人は踊り続けます。
ついに朝を告げる鐘がなり、ウィリは姿を消し、ジゼルの姿も次第に透き通って消えていきました。一人残ったアルブレヒトは、ジゼルの墓標の前でいつまでも立ち尽くすのでした。

コッペリア

第一幕
村娘スワルニダは恋人であるフランツの様子に気が気でなかった。実は当のフランツはコッペリウスの家の二階にいる少女コッペリアに夢中になっていた。コッペリウスの家の鍵を手に入れたスワルニダたちは、家に忍び込んだ。

第二幕
スワルニダがコッペリアのところにいってみると、実はコッペリアは人形だった。そこへコッペリウスが帰宅し、一緒に忍び込んだ他の少女が逃げ出したが、そこにフランツが入ってきた。コッペリウスはフランツを眠らせ、魔法をかけると人形であるはずのコッペリアが踊り始めた。といっても実はスワルニダがなりすましていただけだった。フランツは目を覚まし、スワルニダとともに家から出て行った。残ったのは壊れてしまったコッペリア人形だけだった。

第三幕
村の広場でスワルニダとコッペリアの結婚式が行われた。

ドン・キホーテ

旅に出たドン・キホーテとサンチョ・パンサがスペインはバロセロナの広場にやってきた。そこでは、宿屋の娘のキトリと理容師のバジルが愛し合っていたが、キトリの父が認めなかった。なぜなら、ある金持ちの息子であるガマーシュに嫁がせたかったからだった。
一方、ドン・キホーテの方はキトリを見るなり彼女をドルシネア姫と思い込んでしまい、キトリとバジルは広場から逃げ出した。 ある居酒屋でキトリとバジルが友人達と飲んでいると、キトリの父親とガマーシュがやってきて結婚を迫る。キトリはドン・キホーテを味方につけ、何とかバジルとの結婚を認めてもらうことができた。 その後、ドン・キホーテとサンチョ・パンサはジプシーの野営地を通りかかり、そこでの人形劇を現実と混同し、あることで失神してしまう。そして夢の中でドルネシア姫やキューピット達と出会った。
最後に、キトリとバジルとの盛大な結婚式が行われ、一方、ドン・キホーテとサンチョ・パンサは再び旅に出る。

眠れる森の美女

プロローグ
フロレスタン王に待望の子供が生まれ、「オーロラ」と名づけられたこの子供の洗礼式が行われたが、招待を忘れられたカラボスが怒り、式は大混乱になってしまう。

第一幕
16歳の誕生日を迎え、お祝いムードのもと4人の求婚者も現れる。そこに例のカラボスが現れ、紡ぎ針をオーロラ姫に手渡す。この針に興味を示していたが、つい指を刺してしまい、オーロラ姫は深い眠りに落ちてしまった。

第二幕
それから百年が過ぎ、デジレ王子が森にやってくるとリラの精が現れた。オーロラ姫の幻を見せられ、リラの精とともに茨の城へ行き、カラボスを倒す。百年の眠りについていたオーロラ姫はデジレ王子のキスによって目を覚ます。同時に城中の人々も目を覚ました。

第四幕
オーロラ姫とデジレ王子の結婚式が行われ、ハッピーエンドとなる。