バレエ用語集

バレリーナへの道程

バレエ用語集

あ行|か行|さ行
は行|ま行|ら行
前のページに戻る|ホーム

あ行

  • アタージオ…「ゆるやかに」という意味の音楽用語、バレエではゆっくりとした音楽に合わせて踊ること。
  • アチチュード…片足で立ち、もう一方の足を曲げて、空中で保つポーズ。空中の足を伸ばしたものはアラベスクという。
  • ア・テール…ポアントの反対語?で、普通に立った状態。
  • アラベスク…片足で立ちもう一方の足を後ろに伸ばして空中で保つポーズ。手と足との関係で「第?アラベスク」ということが多い。(メソッドによって同じアラベスクでも番号が異なります。)
  • アン・エファセ…「開かれた」という意味。客席に対し正面を外し、体全体が開いて見えるポーズのこと。
  • アン・クロワゼ…「交差した」という意味。斜めに立ち、客席に近い方の足を前に伸ばして立ったポーズ。正面から見ると足が交差して見えている。
  • アン・ドゥオール…外側へ。
  • アン・ドゥダン…内側へ。
  • アン・ナヴァン…前方へ。
  • アン・デリエール…後方へ。
  • アン・ファス…正面向き。
  • アンシェヌマン…複数のパをつなげた一連の動き。

ページトップへ

か行

  • 上手・下手…舞台上で観客席側を向いた場合、左側を上手、右側を下手といいます。人が交差する場合は上手側にいた人が前を通過することになっています。
  • グリッサード…「滑る」の意味。ジャンプの前の助走、あるいはパとパをつなぐときに使われる。
  • ゲネプロ…公演前日・または当日に行われる総稽古。観客がいないということだけで全て本番と同じ状態で行われる。

ページトップへ

さ行

  • ジュテ…片足で踏み切って反対の足で降りるジャンプのこと

ページトップへ

は行

  • …個々の動きやステップのこと。
  • バットマン…「打つ」という意味で、足を動かしてまたもとの位置に動かすこと。動かす大きさによって、バットマン・タンデュからグランバットマンまで分かれる。
  • ピルエット…片足を軸にして行う回転のこと
  • フェッテ…片足でたたくような動きを伴う動作のこと。「白鳥の湖」でオディールが見せる32回転のフェッテは有名。
  • 舞台監督…公演・発表会における舞台裏の総指揮者。
  • 舞台の方向…舞台の方向はメソッドによって違いますが、概ね下図のどちらかのようです。
    なお、レッスンでは、「?番方向のクロワゼ・デリエール」などと使われます。
  • 舞台の方向

  • プリエ…「折り曲げる」という意味で、膝の屈伸のこと。
  • ポール・ド・ブラ…腕の運びのこと。
  • ポワント…つま先で立つこと。また、トゥー・シューズのこと。

ページトップへ

ま行

  • マイム…バレエにはせりふがない為、せりふの部分を表現するのに使う「しぐさ」のこと。

ページトップへ

ら行

  • ルルヴェ…「持ち上げる」の意味で、ア・テールからドゥミ・ポアントまたはポアントの状態になること
  • レヴェランス…舞台の終了後またはレッスン前後に行うお辞儀のこと。

ページトップへ