サイト管理人の素顔

バレリーナへの道程

サイト管理人の素顔

バレエをはじめる最終決断がついた運命の日の出来事

忘れもしないその日は第65回日本ダービー当日、東京競馬場の芝2400mスタート地点前のS指定席に席を取り(日本ダービーは東京競馬場芝2400mで行われることはご存知ですよね?)、ひたすら馬券勝負。全レース終了後、神の声が聞こえ、その足でチャコットへ、そしてチャコットにあったとあるオープンクラスのチラシを入手、翌週からバレエのレッスンを受けるようになりました。今でもその週は特別な週としてダービーの勝ち馬スペシャルウィークとともに忘れることができません。

バレエをはじめるのが成人してからになったことについて

バレエについて興味を持つようになったのは浪人中のことでした。私の心の中では、残念ながら既にこの年齢になってからではプロとしてやっていくのは無理であり、趣味としてできたらなと思っていました。ですが一番大事なことは、ここまで育ててくれた親に報いるためにも、少なくとも大学を卒業することは最低限の義務であるという信念を貫き、学士の学位を取得して社会人として勤務をはじめるまではバレエを習うのを待とう、という確固たる信念がありました。そして就職した後しばらくした後、競馬場での運命の出来事が起こったのでした。

今のバレエのレベルは?

ヘタ(笑)。まだ二箇所の教室の経験しかありませんが、最初のオープンクラスでは人数が多かったこともあり、あまり個別に細かく見ていただくことができず、また筋肉の使い方についてはあまり教わっていないので、アンシェヌマン(振り)を覚える力はあるものの、ピルエットで軸足の膝が曲がってしまうなど、変な癖のオンパレード(笑)。皆さんも最初の教室は慎重に選んでくださいね(知識がないのに選べるかって?そうなんですよね)。

バレエ以外の趣味

もちろん馬券!!土日両方ともレッスンがありますが、土曜日は時間が遅いので最終レース後に教室に向かっても十分間に合いますし、そもそもJRA(中央競馬)は電話投票権を持っているため、iモードでどこでも馬券が買えるので、相変わらず馬券は買っています。基本的には能力重視で本命系の買い方ですが、ごくたまに馬名で買って失敗したり(スターバレリーナやグランパドドゥなどバレエ系の名前を持つ馬は必ず買います−といっても単勝だけど)しています。

あともうひとつ挙げると飛行機趣味でしょうか?・・・民間旅客機系限定ですが、詳しくは私が管理しているサイト-知ってて安心・快適「空の旅」-をご覧ください。