初レッスン

バレリーナへの道程

初レッスン

初レッスンであわてないために

ついに初レッスンがはじまります。胸をときめかせてレッスンに励もうとしますが、現実は厳しいです。バレエには「個人レッスン」はありませんから、先輩諸氏を見ながら見よう見まねでレッスンをするというのが実態だと思います。しかもバー・レッスンはまだしもセンターレッスンとなると、足だけで精一杯なのにさらに手なんてとても……。となってしまうと思います。このようなことを書くと教師の方には怒られてしまうかもしれませんが、始めてしばらくのレッスンは手は下のまま(アン・バー)のままでもいいのではないかと思います。
ただし、いくら初レッスンとはいっても、以下の二点については心がけた方がいいかと思います。

どんな立ち方をするのか?

下から説明すると、脚を股関節から開き、ももとももとは密着させる。骨盤をまっすぐにし、おしりの穴をキュっとしめて、おなかもへその下あたり(丹田)に力を込める。肩甲骨を下げ(肩を下げ=これが難しい。特に腕を上げると肩もついていきがちになりますが、腕を上げても肩は下げたままです)、首は伸ばし、頭から下までまっすぐに立つ、とこんな形になるかと思います。
ここで、チェック法を2つほど紹介します。

  • ももとももとの密着度のチェック:紙を間に挟んで、それを抜こうとしても抜けないこと(破れるくらいの力で引っ張らないと抜けないくらいでなければなりません)、また手を間に(こじ開けてでも)入れようとしても入らないくらいに、力が入っていなければなりません。
  • また、全体のバランスのチェック:どの足のポジションでもかまいませんがルルベ(つま先立ち)の状態で、後ろから手でちょんと背中を押してもらいます。もし、おなかに力が入っていなかったり、反りすぎていたり(「気を付け」の姿勢では反り気味です)、体重が後ろにかかり気味であると、耐えることができずにバランスを崩してしまいます。

やってはいけない代表例

股関節ではなく、足だけ開く
脚があまり開かないからといって、さらに足(足首)を開くことは絶対に止めてください。具体的には膝の向いている方向と、足先の向いている方向が異なっている状態が該当します。おそらく、この状態のときは土踏まずが落ちてしまっているはずです。このような状態でレッスンを続けていると脚に無理な負担が生じ、骨が変形し、しまいには激しい痛みを伴ってしまいます。
必ず膝と足先の向いている方向は同じになるようにします。また、これは立っているときのみならず、プリエのとき、さらにバットマン・タンデュなどで脚を横に動かすときも同様です。必ず足先の向き(=膝の向き)に動かすようにしましょう。

音楽に間に合わせようと、手を抜く?
バレエのレッスンでは音楽を流し、それに合わせてレッスンを進めていきますが、音楽に遅れるからといって、手を抜く(適当な言葉が見つかりません)ことのないようにしましょう。
具体例で言うと、シャンジュマンなどのジャンプで、間に合わないからといって深くプリエをしないでちょこんとしかプリエをしない、あるいはまったく膝を曲げずに、指のバネだけで跳んでしまう。また、かかとを最後まで付けない、などはいけない例です。間違ったやり方で音楽に合わせるくらいなら、遅れる方がまだいいと思います。

どんなプロのバレリーナでも最初はみんな初心者でした。あせらず、じっくりと取り組んでいったらいいかと思います。
なお、初レッスンの翌日は首から下全身がものすごい筋肉痛になります。覚悟しておいてください。