レッスンウェア

バレリーナへの道程

レッスンウェア

注意:教室によっては指定のものがあったり、また指定がなくても皆が大体同じウェアだったりする場合がありますので、購入は教室に入会を決め、教師の方に相談してからの方がいいと思います。

最低限必要なもの

ます、どのバレエスタジオでも必要なのが、レオタード・タイツ・バレエシューズという三点セットです。それぞれいろいろな選択肢があり、見てるのも楽しいのではないかと思います。教室の方針により、これ以外一切身に着けてはならないとするところもあれば、巻きスカートやニットウェア等を身に着けても別にかまわないとする教室もあります。大人向けのクラス、特にオープンクラスでは巻きスカートやニットなど様々なコーディネートを楽しめるところが多いのではないかと思います。しかし、教師にとっては上に何かを身に着けていると体の使い方はともかく、正しい筋肉の使い方をしているかどうかを見るのが非常に困難になるため、やはりこの三点セット以外は身に着けない方がよいと思います。
また、この三点セットのほかにベルト(ウエスト・ゴム)を着けさせている教室もあります。このベルトは某社では「ファッションベルト」という名前をつけているようですが、実は体の向きや傾きが一目瞭然になり、教師が不良姿勢を発見するために使われる恐怖のベルトでもあります。
また、冬の寒い日には体を冷やさないようにするために、ニットやレッグ・ウォーマーなどを身に着けるのもいいと思います。

一方、大人になってからバレエを始めた方の中には、身体の線が丸見えになってしまうレオタードを着るのが恥ずかしいと思ってしまう方もいらっしゃるかと思います。前にも書きましたが、大人向けのクラスでは服装はフリーというところが多いので、巻きスカートなどでカバーしていけばいいと思います。ただ、バレエでは、レオタード・タイツはある意味で制服のようなものなので、まわりの視線はあまり意識する必要はないのではないかと思います。

  • レオタード:そでの種類などにより などのように様々に分かれます。繊維の種類によって手触り・収縮性などが違いますし、上下続きの衣服なので、必ず試着してから選んでほしいです。最初の一枚としては「黒の半そで」を選んでおけばいいかと思います。ちなみにバレエの場合は新体操などと違い、長袖のレオタードが使われることがほとんど、ということはありませんが、新体操用などどのような柄などはなく、単色であるのが特徴です。

    レオタードの一例
    レオタードの一例

  • タイツ:サーモンピンクまたは白が普通です。足先の種類によってフーター(普通のストッキングやタイツのように足先まで全てあるもの)や足の裏に穴が開いているもの(主にポアントで立つときに使います)などがあります。またやや厚めの黒のタイツ(スパッツ)もあり、こちらはレオタードの上から着けます。
    なお、バレエ用のタイツと一般のタイツではフィット感や吸湿性がまるで違います。値段は張りますが、バレエ用のものを使うようにしたいものです。

  • バレエシューズ:色はピンクが一般的で、素材としては布製と皮製、及び前側のみ皮製で後は布製のもの(前皮バレエシューズ)があり、また足の裏の皮が1枚のものと2つに分かれているもの(スプリットソール)があります。普段の靴のサイズと同じものをいきなり買おうとしないで、必ずサイズを調べてください。その際注意することは、足の指を思いっきり伸ばしてサイズを測ってください。
    また、バレエというとポアント(トゥーシューズ)を思い浮かべる方も多いかと思いますが、数年の訓練の後十分な体の引き上げができて始めて履けるものなので、いきなりは履けません。早くポアントで立てる日を夢見てレッスンに励みましょう。

その他のウェア

そのほかにもバレエ用品店には、

  • アンダーウェア:レオタードの下は、特に普通と変わりません。ただし、場合によってはレオタードのすそからショーツがはみ出してしまうことがあります、気をつけましょう。また、バレエ用品店には、ちゃんと考えられたショーツやボディー・ファンデーション(上下続きの収縮性にとんだアンダーウェア)が販売されています。
  • 巻きスカート:普通の巻きスカートのほかにも「ショーツ付きスカート」というレオタードのヒップの部分が付いているスカートもあり、トップスを自由にコーディネートできます。
  • ウォームウェア:レッスン前などまだ体が温まっていないときや、体を冷やさないようにするため主にニットで出来たウェアがいろいろとあります。
  • サウナウェア:急速に汗をかくことを目的に、空気を一切通さない素材で出来たものです。

他にもバレエ用品店にはバレエのことを柄にしたTシャツやアクセサリーなどなど見るだけでも楽しいものがいっぱいあります。
関連外部webサイト:レッスンウェアを楽しもう