バレエ教室に関する疑問

バレリーナへの道程

バレエ教室に関する疑問

このコーナーでは、バレエ教室に関してのありがちな疑問について書きます。

バレエってお金がかかると聞いたのですが・・・

少なくとも通常のレッスン料としては特別高いとはいえません。一般のバレエ教室の場合は入会金が1万円くらい、週一回のレッスンで1万円弱、週二回で1万円〜1万5千円くらいでしょう。オープンクラスの場合は少し高くなり1レッスン3千円弱くらいでしょうか?よって、週当たりのレッスン回数が多ければ多いほど一般のバレエ教室の方がお得です。なお、バレエ団が開いている教室の場合は入会金が2万円強、レッスン料も一般のバレエ教室よりも高くなっています。レッスン料以外にはレオタードやシューズ代が掛かり、特にお子様の場合は成長によってどんどん大きい物に買い換えなければならないという事情もあります。しかし、実はバレエがお金がかかると思われているのは「発表会」の存在が大きいからです。

発表会がどのようなものであるかは「発表会とは」に譲るとして、なぜお金がかかるかを説明したいと思います。なお、比較としてバレエ・ダンス・演劇などの発表会(以下「バレエ系」とします)と、ピアノ・バイオリンなどの発表会(以下「ピアノ系」とします)を比べながら説明します。

  • 会場費:これはいずれもかかりますが、基本的に「バレエ系」の方が広い会場を必要とします。これだけでも「バレエ系」の方がお金がかかりますが、さらに普段の教室と会場との広さの違いを吸収するための事前の舞台稽古も必要とするため、当日以外の日にも会場を借りる必要があります。「ピアノ系」の場合は会場は広くなりますが、重要な部分(ピアノの鍵盤やバイオリンのサイズなど)は変わるはずがありませんので、基本的には当日だけで十分でしょう。
  • スタッフ代:アナウンス係などの共通するスタッフはありますが、「バレエ系」の場合は全体を指揮する舞台監督や照明など、「ピアノ系」では必要としないスタッフが必要で、当然その人件費の分だけ高くなります。
  • 衣装代:「バレエ系」の場合はチュチュ等の様々な衣装が必要です。さらに複数の演目に出演する場合は当然衣装も複数必要です。多く場合はレンタルですが、このような衣装は「ピアノ系」のドレスのように、あまり一般的ではないため、必然的に高くなります。
  • ゲスト代:演目によってはゲストの力を借りなければなりません。特にバレエの場合は生徒のかなり(ほとんど?)が女子であるという事情から、男性ゲストの力を借りなければならないことが多々あります。もちろんプログラムの工夫によって男子を必要としないようにプログラムを組むこともできるでしょうが、全幕バレエを上演することは非常に困難になります。宝塚歌劇団のように男装した女子が演じるということは基本的になく、男性役は男子が演じるため、どうしても男性ゲストが必要となってしまいます。

このような要素によって、バレエの発表会に出ようとすると、普段のレッスン料以外に一人当たり数万(5万円以上?)という金額がかかります。もし姉妹で通っていたり、あるいは発表会が毎年だったりするとどれほどのお金がかかるか?後は皆様のご想像にお任せしますが、お分かりいただけたかと思います。

プロを目指すわけではないのですが・・・

日本国内では、「ワガノワ・バレエ・アカデミー」のような、プロのバレリーナを育成することに専念したバレエ教室というのはほとんどありません。そのような教室の場合、入学時点で、本人はもちろん親の体型、精神力や覚悟などにより厳しく選抜されてプロになる見込みがある者のみが入学を許され、かつその後も体型が変わってしまったり(端的に言えば太りすぎた−つまり自己コントロール能力に欠けているということ)、あるいは進度不良の者が容赦なく退学処分となってしまいます。これはプロになる見込みがないと分かった生徒をこのまま在籍させるよりは、早く他に進む道探しなさいという親心からなのでしょうが、いずれにしても厳しい世界です。

しかし、日本のほとんどのバレエ教室の場合は情操教育として、あるいは運動の一種としてバレエを習いたいという人を受け入れていますので心配することはありません。
むしろ現状では逆にプロを目指そうとする方(バレリーナになる、あるいはバレエ教師になる)の方が選ぶのに慎重にならなければなりません。

一クラスの人数や時間は?

これはおそらく初心者ほど一クラスが少人数の教室で先生にじっくりチェックしていただいたほうがいいでしょう。私の場合は30人以上のところか逆に10人以下とある意味で両極端の環境の経験しかありませんが、最初ほど先生の目が行き届いている教室にすべきです。

次にレッスン時間ですが、バーレッスン(バットマン・タンデュからグラン・バットマンまで)、センターに移ってからアタージオ・タンデュ(以下略)とやっていこうとするとやはり90分未満のところは避けた方が賢明です(もちろん小さい子供たちのクラスは別ですが)、90分未満では何かを省略しないと終わらなくなります。私の体験例では70分のクラスではバーは大体全て行うが(アタージオは省略していたかもしれません)が、センターはタンデュ&ピルエット・アレグロ(スモールジャンプ)・グランワルツだけでしたがオーバーしていましたし(30人程度のオープンクラスでした)、あるときたまたまレッスンが一人になってしまったことがあり、そのときでも90分かかったくらいですから(こちらは省略なしのフルセットです)、これは間違いないでしょう。なお、初心者クラスはもっと短くていいのではと思われるかもしれませんが、これはむしろ逆です。初心者クラスでは説明も丁寧に、また生徒の間違っているところを修正するなどとより時間が必要ですから、90分では足りないくらいでしょう。

なお、ここでいう90分というのはおおむねクラスの生徒数が20人程度まででしょう。オープンクラスではありがちですが、一クラスの生徒数が30人とか40人とかになってしまうと当然その分長くしないと同じ分量をこなせないということになります。

大人になってからはじめても大丈夫?

既にご承知のこととは思いますが、日本では少子化が進行し、児童・生徒などを相手にする商売というのは苦戦を強いられています。バレエ教室も例外ではありませんが、塾・予備校などと比べて容易に生徒の対象を大人へ広げることができます(教える内容は同じですからね)。そこで多くのバレエ教室では大人向けのクラスを作っています。完全に大人のみのクラスを作る場合と、能力別のクラスにして子供・大人に関係なく同じくらいのレベルの生徒が一緒に受けるようにする場合がありますが、いずれにしてもかなりの数のバレエ教室が大人を受け入れています。大人を受け入れる教室を探すためのサイトとして

を挙げさせていただきます。

バレエ教室の先生ってどんな人?なるのに資格はあるの?

一部のメソッドにおいてそのシラバスに則って教える場合は特別な資格を取らなければならないことがあるようですが、基本的に教師になるには学校の教師のように「教職課程」を受けたり、あるいはゴルフなどのように「プロ資格」を取らなければならないということはありませんし(そもそもバレエに「プロテスト」というものはありません)、また武道のように「ここの先生はバレエ六段だから・・・」などということもありません。ただし、少なくとも人に教えるためには自分が出来なければ教えられないでしょうから、当然かなりの技量を持っているのは当然でしょう。教師の技量を測る目安?としては

  • 〜バレエ団に所属
  • 〜コンクールで?位

などの経歴が分かれば目安にはなります。しかし、自分が踊ることと、他人に教えることではまた違った能力が要求されることも事実です。

教室の掛け持ちについて

バレエ教室によっては「祝日が休み」だったり、あるいは月謝の計算の都合上からか、「五週目(毎月29日以降)は休み」だったりします。そのために丁度自分のレッスン日が祝日に当たって休みになってしまったりして、レッスンの間隔が空いてしまうということがあります。また社会人の方の場合は逆に「今日は祝日で仕事が休みなのにレッスンがなくて残念」ということも起こります。そのような場合、教室を掛け持ちして、違う教室でレッスンを受けるということも考慮に入れましょう。掛け持ち用の教室は、いつでもふらっと来てレッスンを受けることができる「オープンクラス制」の教室をが中心になるでしょう。ただ、教室を掛け持ちした場合、以下のような問題が起こることがあります。

  • メソッドが違うことがありうる: 掛け持ちしている複数の教室で採用メソッドが異なっている可能性があります。その場合、アラベスクの時の腕と番号が違っていたり、体の使い方が異なっていることが考えられます。完全に教室を移ってしまう場合はまだいいのですが、掛け持ちの場合はそれぞれの教室でのやり方に合わせなければなりません。
  • 人数が多くあまり観てくれない:先ほども書きましたが、教室によっては受講者の人数が非常に多く、全体に向けての解説などはするが、個人に対してほとんど注意できないという状況が発生することがあります。私がサブで使っている教室は祝日に利用することが多いためか40人程度とはっきり言って多すぎです。教室によっては「掛け持ちを前提にしているのか?」と思えるような教室もあるのが事実です。ある程度自分の欠点や、仮に今自分ができていなくても正しい姿勢・方法などが分かっていればいいのですが、それが分かっていない場合は下手をすると悪い癖が身についてしまうということも考えられます。

そう考えると少なくとも最初の1〜2年のうちは一つの教室に専念した方がいいかもしれません。