バレエNG集

バレリーナへの道程

バレエNG集

ここではよくありがちな間違い(つまり、私がいつも注意されていること)を集めてみました。

ひざ伸ばせ

恐らく体の引き上げ不足か?ひざが伸びていなければならないところでひざが曲がってしまっていることがあります。例えば、

  • ピルエットやピケ・ターンの軸足
  • アラベスクの軸足
  • グランジュッテの両足(この場合は特に後ろ足が曲がりがちです)。

などなど、いろいろあります。

骨盤を傾けるな・脚と上体は別

後ろへのグラン・バットマンやアラベスクなどの場合は別ですが、多くの場合は脚を動かしていても上体は動かないのが普通です。なお、バレエの場合の上体と脚(上半身と下半身) の境界線は「股関節」となります。よって「腰(骨盤)」は上半身になるために、脚をタンデュした時に股関節が傾いたりするのは誤りということになります。従って、股関節の柔軟性は重要で、股関節が硬いとろくに脚が上げられないという事態になってしまいます。股関節やハムストリングスのストレッチは欠かさず行いましょう。

プリエが足りん!

特にアレグロではありがちですが、理屈上は深いプリエをしなければならないところですが、曲に間に合わせるためにちょこんとだけプリエをしたり、ひどい場合には足の指のバネだけを用いて跳んでしまうこともありますが、当然「反則技」であることはいうまでもありません。

ヨッパライの千鳥足(その1)

ピルエットやピケターンなどの回転では、基本的に「一点を見続けて」いなければなりません。もっとも首を廻すことは不可能なので、限界まできたらすぐ首を返して元の位置を見続けることになります。もしそれができていないままピケターンやシェネをすると・・・。
そう、思いっきり目を廻してしまい、ヨッパライの千鳥足の完成と相成るわけです。最初の教室では、せいぜい2回か3回連続までだったので気付かなかったのですが、今の教室は10回以上連続でやらされるので、化けの皮がはがれてしまいました。

ヨッパライの千鳥足(その2)

よく、「トンベ−パドブーレ−ピルエット」などででてくる「パドブーレ」ですが、これだけを左右連続で、しかもある程度以上の速さでやったらどうなるでしょう。
上体がきちんとついて来れば問題はないのですが、状態がついてこれず、脚だけでやってしまうとどうなるか?頭などの状態がそのままで、下半身だけが左右によろよろ動いている、完璧な「ヨッパライの千鳥足の出来上がり」となるわけです。

コマネチ!(古すぎ)

シャンジュマンなどで手をアンバーにしたままジャンプする時に、下手をすると手も一緒に上下に動いてしまうことがあります。まさに「コマネチ!」そのものです。また、アントルシャ・カトルで手も一緒にアントルシャ・カトルしていたり、「脚だけやればいいの」といわれていても一緒についてきてしまう、どうしようもない神経をしています。

前回し蹴り後ろ回し蹴り

これはグランワルツで行われるある「パ」において注意される様子です。教師によっては「ゴムとび」という人もいます。ちなみに正しいのは、「前蹴り上げ、ひっくり返って後ろ蹴り上げ」となるのですが何の「パ」だか分かりますか?正解は、「ジュテ・アントルラッセ」です(「蹴り上げ」のところを「グラン・バットマン」に読み替えてみてください)。グラン・バットマンと体の回転のタイミングがズレるとこうなります。蛇足ですが空手の場合は「蹴り上げ」以外の場合は膝を抱え込んで蹴るために表現的には不正確なのですが、空手のウェブサイトではありませんのでご了承願います。

省略禁止

私の場合は時間的余裕のないアレグロでよくやってしまいますが、途中の足のポジションなどを適当にごまかすのは反則行為であるのは言うまでもありません。例えばパの途中でちゃんと脚を五番に入れてから次に移らないといけないのにそれを省略してしまうなどが上げられます。

メリハリをつけろ

特にレッスンの最後の方で行われる「グラン・ワルツ」でありがちですが、全てのパを同じように行ってしまうことがあります。例えば「トンベ-パドブーレ-グリッサード-グランパドゥシャ」という組み合わせはよく行われるものですが、これら四つのパが同じ大きさではないですよね?当然最後の「グランパドゥシャ」が最も大きくなければならないはずです。かといって流れを無視して最後だけ無理矢理大きくしてもしょうがないわけで難しいところです。

その他のNG集

その他私が受けた注意などを集めてみました

  • 犬の小便ではない!(アチチュード)
  • 膝を動かすな!(バットマン・バッチュ)
  • 足先がフレックスだ!(ジャンプなど多数)