これでは対処したことになりません

一番まずい対処法−他人が断る・取り次がない

家族・会社の受付・総務・秘書などターゲット本人以外の人間が断ったり取り次がない、あるいは居留守を使うのは最もまずい対処法です。これは次の論理に基づいています。

決めるのはあくまでも本人であり、本人が断らない限り断ったことにならない

また、前項で、この相手の正体を追求するのはあくまでもターゲット本人に限りますと書きましたが、取り次ぐ前に本人以外が正体を明らかにしようと問い詰めるのはいけません。これをやってしまうと、結果として無言電話が増える結果となってしまいます(やった当人の声がマークされ、その者が電話出ると電話を切ってしまうため)。対処としては以下のようにしたらいいのではないでしょうか?

ターゲット以外の方の場合は、勧誘の電話と分かっていたとしてもあくまで丁寧に対応するのが基本です。普通の業者でなければその場はごまかして電話を切ってしまいます。この場合相手側では不在として処理されそして本人が出てくるまでしつこく何回でも掛かってきます。本人が、「勧誘電話などは取り次ぐな」と伝えておくケースもあるようですが、先ほどの論理にもあるとおり、本人自身が電話に出ない限り何度でもしつこく掛かってきます。大切なのは本人に出てもらい、本人自身が「即切り」することなのです。