唯一の対処法−即切りを繰り返す

なぜ唯一の対処法なのか?

まず、「電話勧誘のやり方」から営業マンの狙いのところを再録します。

この最初の電話でいきなり契約が取れるとは業者側も考えていません。一般的に営業マンは次のいずれかを狙ってきます(上のほうほど有望度が高いと営業マンは見ます)。

逆に内容を聞いたとたんすぐに電話を切られる(「即切り」とか「秒殺」などといわれます)事の方が圧倒的に多く・・・(以下略)

ということを書きました。営業マンは電話を切った(切られた)後、その上のどれに当たるかを名簿にメモします。当然話を聞いてしまったりすれば、今後も何度も電話をかけてくるでしょう。逆に即切りばかりでは、バツ印を付けるかと思われます。とすれば営業マンにバツ印を付けてもらうためには即切りがもっとも効果のあることがお分かりいただけると思います。基本的に電話を切るまでの時間が長いほど相手は見込みありと判断します。よって、即切りが効果があるわけです。

ところで相手によっては即切りされるのを防ぐために個人名でかけたり、社名の一部を伏せる(例えば、新日本フューチャーズ(架空の会社です)と名乗ると商品取引と分かってしまうため、「新日本の??ですが」と名乗る)、またはぐらかしてなかなか本題に入らないことがあるかもしれませんが、まともな電話であれば当然正直に関係や電話をした理由などをすぐに話すわけですから、なかなか本題に入らない場合はどんな内容か追求しなければなりません。仮に世間話から入ったとしても、向こうが話している内容に乗ってはいけません。この正体を追及している時間は前述の電話を切るまでの時間にはカウントされませんので安心してください。なお、理由は次項で説明しますが、この相手の正体を追求するのはあくまでもターゲット本人に限ります。

断っても何度も掛かってくるのですが・・・

断っても何度もかかってくる。よくあることですが、これは次の論理に基づいています。

あの時は断られた、ただそれはあくまで時に限ってであり、今はやるかもしれない

このような理屈がある以上、断っても何度もかかってきます。こちらとしてはその都度「即切り」を繰り返す以外に対処できません。また、過去にその業者と話をしてしまった場合でも、もうそのことは忘れて、以降は全て「即切り」で対処しましょう。