出発時刻と到着時刻

知ってて安心・快適「空の旅」

サイトマップ

ホームページ
知ってて安心「空の旅」

知ってて快適「空の旅」
航空関連の動き
資料集
リンク集
管理人について

知ってて安心「空の旅」−空港から搭乗まで

「天候調査中」とは

保安検査について

客室乗務員の真の姿とは

搭乗後は携帯電話の電源OFF

積載量と最大離陸重量

運航乗務員の資格

運航乗務員の審査と訓練

搭乗終了のサイン

出発時刻と到着時刻

出発時刻と到着時刻

さてここで、出発時刻と到着時刻がいつの事を指すのか確認しておきましょう。出発時刻として考えられるのは、

  • ドアが全て閉まった時間
  • スポットを離れる時間(車輪が動き出す時間)
  • 離陸滑走を開始した時間
  • 車輪が滑走路を離れる時間

などの時間が考えられますが正解は、「スポットを離れる時間(車輪が動き出す時間)」が出発時間となります。従ってもし仮に出発時刻ギリギリになって搭乗した場合はその便の出発が遅れることが確定してしまいます。全乗客搭乗終了から出発までに、「最後の乗客が搭乗−ドアを閉める−ドアモードを変更する−パイロットが出発準備完了を管制官に通告する−パイロットが管制官にスポットを離れる(プッシュバックする)許可を得る−プッシュバックが始まる(車輪が動き出し、その便の出発時間が決定する)」とこれだけの手順を踏まなければならないため、いかに余裕を持って搭乗することが大事であるかお分かりになると思います。

ちなみに到着時間はこの裏返しで、「スポットに着いて、車輪が止まる時間」が到着時間となります。従って出迎えの時は到着済みになっていても乗客が到着口から出てくるのはそれよりも後となります。