飛行方式と航空管制

知ってて安心・快適「空の旅」

サイトマップ

ホームページ
知ってて安心「空の旅」

知ってて快適「空の旅」
航空関連の動き
資料集
リンク集
管理人について

知ってて安心「空の旅」−巡航中で

機内の気圧と急減圧緊急降下

巡航中のエンジン音の変化

緊急着陸に伴う燃料投棄

飛行方式と航空管制

深部静脈血栓症について

  

飛行方式と航空管制

二種類の飛行方式−VFRとIFR

このサイトで題材にしている旅客便もそうですが、航空機の飛行方式には二種類あります。一つは自分で周りを監視しながら地上の目標物などに沿って飛行する「VFR(有視界飛行形式)」です。遊覧飛行や撮影飛行で使われる軽飛行機や、旅客便でも離島コミューターで「アイランダー」機を使用する便はこの方式です。また、ヘリコプターの場合は次に説明する「計器飛行方式」が認められていないため、必然的にこちらの方式となります。なお、雲の中など視界の効かない状態で飛行することは許されず、空中衝突やニアミスなどを防止するための機外監視は操縦士の責任です。

もう一つは一般の旅客便で使われている「IFR(計器飛行方式)」です。地上に設置された無線航法施設である「VOR/DME」などを使ったり、機上に設置された「INS(慣性航法装置)」や「FMS(飛行管理装置)」を用いて、あらかじめ定められた航空路を通っていきます。また、こちらの方式では雲の中に入ったりと視界が利かない状態でも飛行することが許されています。だけどそうすると機外監視ができずにニアミスなどの危険が生じてきます。ですが心配はありません。実は地上からレーダーで監視され、十分な間隔が取れるように配慮してくれる役割を持った人が援助してくれます。この人こそ「航空管制官」といわれる人々です。

航空管制官の役目

IFRで飛行しようとする航空機の場合は、何から何まで航空管制官の指示・あるいは許可が必要です。飛行計画書の承認はもちろん、離陸や着陸の許可なども許可が必要です。また、この方式ではニアミスなどを起こさないようにしなければならない責任はVFRの場合と異なり管制官側が責任を持つため、場合によっては管制官が航空機に対し「速度を?ノットに落としなさい」であるとか「機首方向を230度に右旋回しなさい」など命令してくることがあり(特に羽田空港などの混雑空港への着陸進入では毎回です)、その場合は必ず従わなければなりません。唯一管制の指示を破って良いといえるのは、実際にニアミスが発生し、機上に搭載された「TCAS(空中衝突防止装置)」の出した回避指示と管制官の指示が異なった場合にはTCASの指示に従う場合くらいです。また事情によっては優先扱いを受けられる場合もありますが、ある意味で絶対的優先権を得られるのは、「緊急事態を宣言した」場合にほぼ限られるといっていいでしょう。

なおVFRの場合も空港内及び空港付近では管制官による管制を受けます空港の管制圏(空港を中心とする円柱状の空間をイメージするといいでしょう)にいる限りは管制官の指示に従わなければなりません。ただそれを出た後は後は自分の責任において飛行することができます。

航空管制官と航空機のやり取り例

ここでは航空管制官と航空機とのやり取り例を挙げてみます。

飛行計画の承認例(管制官。なお、便名などは架空で、以下同様です。):「JapanAir3599 clear to New-Chitose airport. via Moriya7 departure, Moriya then flight planed route. Maintain flight level 350. Departure frequency 126.0 squawk4355. (日本航空3599便、新千歳空港まで飛行許可。SID(出発方式)は守谷7番、守谷(VOR・DME)以降は飛行計画書通り。飛行高度は3万5千フィート。出発管制周波数は126.0メガヘルツ。スコーク(機体識別番号)は4355です。) 」

離陸の許可(管制官):「Japan Air 6598.Wind 120 at 4 runway13, clear for take off(日本航空6598便。風は方位120から4ノット、13番滑走路から離陸を許可します。)」

管制官が機首方位と飛行高度を変えさせる場合(管制官):「All Nippon 7518. Turn left heading180, descent and maintain 8000(全日空7518便。機首方位180度に左旋回し、高度を8000フィートまで降下しなさい。)」

着陸の許可(管制官):「All Nippon3434. Wind 304 at 7 runway30, clear to land(全日空3434便。風は方位304から7ノット、30番滑走路への着陸を許可します。)」

緊急事態の宣言(パイロット):方法その1―「Mayday Mayday Mayday(いわゆる「メーデー三連発」)」、
方法その2―「Declare emergency(緊急事態を宣言する)」(なお、声による宣言のほかにパイロットがトランスポンダーという装置に入力しているスコーク(機体識別番号)を専用コード「7700」に変えることによっても宣言したことになる。)