航空機の性能

知ってて安心・快適「空の旅」

当サイトへのメールはこちら
サイトマップ

ホームページ
知ってて安心「空の旅」

知ってて快適「空の旅」

航空関連の動き
資料集
リンク集
管理人について

知ってて快適「空の旅」−航空機について

航空機の性能

長距離路線にB747以外の機材が増えたわけ

座席配置について

ジェットエンジンのバイパス比と騒音

国内線用機材と国際線用機材

  

航空機の性能

一般の利用において関係する航空機の性能は、

  • 乗客数
  • 航続距離
  • 必要滑走路長

の三つが挙げられます。

乗客数

乗客数は同じ機材でも長距離国際線用の座席配置をしたものと、国内線用の座席配置をしたものでだいぶ異なります。そこで以下では国内線用と仮定して話を進めていきます。一般的には

  • プロペラ機:100人以下
  • ナローボディ機(単通路機):200人以下
  • ワイドボディ機(複数通路機):600人以下

なお、現在就航に向けて飛行試験中のエアバスA380は800人以上が搭乗できるとされています。ただ、本来は300人乗りの航空機が1日4便就航する路線があったら、150人乗りの航空機が1日8便あった方が便利なのは事実で、空港の発着枠に余裕がないと、必要以上に機材の大きさが大きくなります。

航続距離

直行便を運航するためにはその都市間を直行できるだけの航続距離が必要です。実際には都市間の距離よりもおよそ1,000キロ余裕がある必要があります。日本発では

航続距離 直行できる都市例 機材例
5,000キロ 中国の大部分・ベトナム A320
7,000キロ バンコク・シンガポール A300-600R
9,000キロ ホノルル DC10-30
10,000キロ ロサンゼルス・シドニー DC10-30ER
A330-300
12,000キロ シカゴ・ロンドン B747-300
A330-200
13,500キロ ニューヨーク B747-400 B777
16,500キロ シンガポール−ニューヨーク A340-500

のようになります。現時点では単通路機では概ね5,000キロまでしか航続距離がないため(例外はB757-200で7,000キロ以上の航続性能があります。また昔は、DC8-62型が約10,000キロの航続距離がありました)、韓国・中国・ミクロネシア以外の国際線は概ねワイドボディ機による運航となります。

必要滑走路長

既に他の項目においても触れていますが、機材によりまた同じ機材でも路線によって必要な滑走路の長さが決まっています。ですので、「滑走路が短すぎて就航できない」ということもあります。なお、この点に関しては後からできた機材の方が性能が良く、「300人超が搭乗できるDC10型機は国内線でも2,500m滑走路が必要だが、400人弱が搭乗できるB777-200型機は2,000m滑走路で就航できる」ということが起こります。