計器着陸装置ILS

知ってて安心・快適「空の旅」

サイトマップ

ホームページ
知ってて安心「空の旅」

知ってて快適「空の旅」

航空関連の動き
資料集
リンク集
管理人について

知ってて快適「空の旅」−空港について

ターミナルとゲートの形態

一般区域と制限区域

出発客と到着客の分離

ハブ空港・ゲートウェイ空港とは

ゲートウェイとしての利用例(成田空港編)

滑走路の長さについて

屋根の形と展望デッキの有無

滑走路の本数と発着枠

計器着陸装置ILS

一都市複数空港の使い分け

空港アクセスについて

  

計器着陸装置ILS

横風制限値超過による欠航は致し方ありませんが(空港建設予定地に吹く風に平行になるように滑走路の方向は決定しますが、台風などの理由で横風が制限値を超過してしまうこともあります)、視界不良による欠航は設備を充実させればある程度は減らすことができます。基本的に滑走路まである程度近づいた段階で滑走路が見えなければ着陸できませんが、設備を充実させるに事によって、その近づける限度(普通は高度で定めています)を向上させることができます。そのために必要な装置が「ILS(計器着陸装置)」です。

滑走路との左右のズレを示す「ローカライザー」と上下のズレを示す「グラインドパス」及び滑走路との距離を示す「マーカービーコン」または「DME」(後者のILSを「ILS/DME」といいます。を設置して進入時の限界高度を向上することによって、就航率を上げることができます。ILS未設置の空港では、滑走路に対して1000フィート弱高い高度で滑走路が見えなければ着陸できませんが、ILSが設置していれば、最も精度の低い(精度というのは後述します)ILSでも滑走路の数百フィート程度までは、滑走路が見えなくても進入できるようになります。

ILSの精度

ILSにも精度によって進入限界に差があります。基本的にILSには、「カテゴリー1」、「カテゴリー2」、「カテゴリー3」があり、さらに「カテゴリー3」は、「カテゴリー3a」、「カテゴリー3b」、「カテゴリー3c」に分かれています(もっとも、「カテゴリー3c」は全く見えなくても自動操縦によって着陸できますが、その後の移動が全くできないため現在のところ国外でも実用化されていません。日本では「カテゴリー3a」が成田空港・釧路空港・広島空港・熊本空港に導入されています。なお、念のために書きますが、ILSは視界不良による欠航防止にのみ効果があるのであって、強風など他の理由での欠航には無力ですので注意しましょう。